PageTop

ソウル・キッチン

日常のあれこれ

ここは檸檬 つげ義春 サナトリウム のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

檸檬 つげ義春 サナトリウム 

前の記事をアップしたら、知人から
「あけましておめでとうございます。今年もエロジジィ路線を邁進?」とラインが
そ~言われると身も蓋もないが・・・(笑)

四六時中そんな事ばかりを考えている訳じゃない、もちろん
見た目のエロさと違って、生と死について人一倍興味があって、深く静かに思索もしているのだよ
だからこそ人間の本質を垣間見る事のできるエロチシズムも大事であって・・・
と、とりあえず言い訳

「つげ義春」の世界が好きだといえば解るかな~?

最近また視力がおちたようで
作った時には度が強すぎたメガネがちょうど良くなり読書量が増えた

名作、梶井基次郎 『檸檬』
昨年末に新かなづかいに改訂した文庫が出ていたので読んだ
いくら美しい文章と言われてもやっぱり現代人には旧かなづかいは読みにくかった

       ___convert_20140106003659.jpg

ジブリ映画で評判の、堀辰雄 『風立ちぬ』も文章の美しさで有名だったけど
今では映画を先に知る人の方が多いんだろうね

ところで、「サナトリウム」という言葉を最近は聞かないね
上記の二冊でもサナトリウムが舞台の個所も多いし
たしか『ノルウェーの森』で直子が入院していたのも同じような場所だった
村上春樹もサナトリウムという言葉は使ってなかったんじゃないかな?

単なる療養所とサナトリウムの定義に明確な違いがあるのか?
それとも呼称として使わなくなっただけなのか分からないけどね
「サナトリウム」という言葉から受ける
静謐で、流れる時間がゆっくりで、幽閉されているようなイメージが嫌いではない







関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/06 01:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)
サナトリウム、というと、さだまさしの歌を思い出します。アルバム収録の歌だったと思う。「療養所」と書いてそう読ませたんだったと思うが…。中学時代に聞いて、年をとるということの切なさを想像しました…。
ちなみに、檸檬、これもさだまさしの歌にあり、私は秀逸な歌詞だと中学時代、感じ入りました。

[ 2014/01/31 19:44 ] [ 編集 ]
火縄銃に火をつけるライターもマッチも火打石さえ無いバイ
てか、そんなんはどうでもいいっちゃけどね

[ 2014/02/01 22:23 ] [ 編集 ]
こんばんは、ルンビニさん。

そうでしたか、心よりご冥福をお祈りいたします。
自分の義父も昨年末亡くなりまして、ほんの少しの病院通いでしたが
それでも結構大変でしたからルンビニさんの大変さをお書きにならなかった事にかえって
切なく、ご立派な方なのだと思いました。

ブログでいつの日かまた、ルンビニさんとブログでお会い出来る事を願っております。
[ 2014/03/31 20:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
rimomamaさん

ご丁寧にありがとうございます
親しい者を失くすと、どうしたって後悔はあります
ああすれば良かった、こうすれば良かった
あるいは
良かれと思ってした事で余計に苦しめてしまったんじゃないかとか
考え込んでしまいますよね
でも、もう考えるのはやめて良い思い出だけ残すことにしました(笑)

心装開店おめでとうございます
rimomamaさんのブログ再開がとてもうれしいです。
[ 2014/04/01 08:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。