PageTop

ソウル・キッチン

日常のあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

養生訓

50を迎えてすぐの頃、急に具合が悪くなり左半身がシビレたことがある

その頃は貝原益軒が腰を抜かすくらいの不養生かつ不摂生な生活だったので

これは脳梗塞以外の何物でもあるまいと覚悟した

なにせ二つに折った切り絵の人型を開いた時の折り目のように、真中からキッチリ左半身だけがおかしい

出先だったので救急車を呼ぶより最寄りの救急病院まで車を飛ばした方が早い

つれあいの運転する車の助手席で左手をグーパーしてた

この状況でもっとも後遺症の残らない様にするには動かし続けるしかないと単純に思い込んでたから

でも不思議に悲壮感はなく

とうとうやってきたか、皆に迷惑かけるな

右半身じゃなくて良かった、少なくとも車の運転はできるなどと結構冷静だった

結局

脳梗塞なんかではなく、過換気症候群で心因性のものと医者には言われた

それっきり同じ症状はでないけど、最近夢の中で同じ症状になって

起きたら現実も左手がシビレていた

たぶん前回の波乗りで強打した手首が完治していないからと思われる

でも悪いことばかりではない

夢の中では、壇蜜を腕枕していて手がシビレたのだから

              2013+007_convert_20130130194811.jpg

スポンサーサイト
[ 2013/01/30 22:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

友人の一人へ

本屋で立ち読みしていたらある雑誌にオスカー・ワイルドのこんな言葉が

「どんな女といても男は幸せになれる、その女を愛していない限り」と

そしてこの雑誌に付記されていた文章はさすがにプロのライター
簡潔にして的を得ている
「心底惚れた相手とはうまくいかないのが恋愛というもの。会えない時は嫉妬に身を焦がし、会えば虚勢を張って、思いとは正反対のことを口にしてしまう。自分が自分でなくなるほどの恋愛感情と、心が安らかになるような幸福感とは真逆のベクトルを持つのかもしれない。」とあった
もっとも知り合いの女史(女子ではない)と、この話をしていたら

「どんな男といても女は幸せになれる、男がその女を愛している限り」と

返されてしまった
そんなものなのかね?
ちと、寂しい気もするが
まあ長い人生、どこかで諦観しないとやってられないというのはあるかもね

人が恋をする熱量には限りがあるという説もあるので(俺の説やけど 笑)
カミ―ユ・クローデルやべティ・ブルーのような破滅的な恋でもない限り
たとえ苦しんだとしても恋愛はしてた方が楽しいね

Good luck!
[ 2013/01/27 17:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ごく個人的で懐古的でローカルな独りごと

GyaOを何気なく見ていたら
『しびれくらげ』のタイトルを見つけて
思わず「オオーーッ!」と叫んでしまった
映画の内容や出来はまあアレだけど
主演の渥美マリは当時の健康な男子はみんなお世話になった好きだったはず
懐かしいなぁ

最近は良くも悪くもハリウッド的なDVDで見たいのがなかったので
古いフランス映画を借りにTSUTAYAへ

ゴダールの『軽蔑』を探したけどない
『勝手にしやがれ』でもいいやと思ったらそれもなし
結局『気狂いピエロ』を借りた

そういえば、福岡の野間四ツ角から長丘方面に行く道の片側にまだ畑が広がっていた時代
「気狂いピエロ」って、今で言う古民家カフェみたいなのがあった
男の人が長い髪を後ろで結んでモンペ履いてたから、ヒッピー思想の人だったのかな?
当時はアイビーにかぶれていたけど、なんかカッコいいな―と思った覚えがある

それはさておき
ヴィム・ベンダースの『ベルリン天使の詩』や『パリ、テキサス』はブルーレイ盤しかなかった
もう世の流れはブルーレイなのかね?
帰ってAmazonでチェックしたら デジタルニューマスター版になってる
たぶんビデオテープでしか見てないからぜひ見たかったんだけどな

長崎の高校時代は下校途中によく映画を観に行ってた
お金がなかったので格安の映画館やけど
たしか200円とかじゃなかったかな
路面電車がどこまで乗っても25円だった

中華料理の四海楼がまだ十人町にあった頃
長い石の階段を降りて左に曲がり、グラバー邸方面に少し行くと「名画座」があった
『イージーライダー』『真夜中のカウボーイ』『俺達に明日はない』『男と女』、全部そこで見た

『軽蔑』を見た時は女性の心理が訳分からんかったけど今は理解できるんじゃなかろうか
古い映画を改めて見ると新たな発見があって面白い
男女の心理描写なんてハタとヒザを打つことも多くて
「辛い経験も滋養となって今の自分があるんだなぁ」などと
夜中にブツブツと独りごとを言っております
まあ、今頃気付いてもその教訓を生かす機会もないのだけれど

            51RD4XNYV5L.jpg

[ 2013/01/26 22:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

どうでもいい話です

コシ波があったので海へ
今日はプルアウトに失敗して手首を強打
なんか背中に憑いてないか?

閑話休題

写真をもう少し上手く撮れないものかと常々思っていて
センスも向上心もないからあきらめていたけど
おじゃましているブログの方々はみなさんとても上手なので
自分もちょっとだけ頑張ってみようかな、と向上心が湧いてきた

そこで図書館でカメラの教本みたいなのを数冊パラパラとめくってみたら
そこに
「もし、あなたが自分の写真を見てピリッとしないなぁ」と思うなら
もしかしたら漫然と撮っているからかもしれません
それを防ぐには何をどう撮るかを意識することが大切です
と、これでもか!というくらいの大文字で書いてあった

まあ、いちいちおっしゃる通りなので、よく考えてみたら
やっぱりサーフィンの写真が撮りたい
それに、以前に少し書いたけど
我が家の前の道は小学生の通学路なので子供達がたくさん通る
男の子は友達をからかったりしてギャーギャー騒いでうるさい
それを高学年の女の子からピシャリと一喝され
しょんぼりしたりしてて見ていて飽きない

嫌な事件とかも起こっている昨今、子供といえどもカメラを向けにくい
それに今持っているレンズでは表情を撮れる距離まで近づきにくいし

サーフィンを撮るにしても距離が遠い
ボードが売れるかもしれないので、売れたらレンズ買おうかな

センスや実力がない奴に限って道具から入りたがるの典型です

コ―イチ君がライト波滑走
今のレンズではこの距離が限界
       P1030097_convert_20130125172906.jpg

でも、これで望遠レンズ付けて子供達を撮ってたら
捕まるレベルだよなぁ       
       P1010296_convert_20130125172824.jpg
身元引受人 募集!


[ 2013/01/25 17:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

RUSTIC BARN

どうも車のサスペンションが勤労意欲を失ったようで
最近ではギシギシと文句まで言う
10年、13万キロよく頑張ったからね

サスペンション交換となるとけっこうなお金がかかる
かといって新しい車が欲しい訳じゃない
昔はあれこれ車にお金使ったけど今はまったく興味なし

何でも古くなると支障がでてくるね
「女房と畳は新しい方がいい」らしいが、それについては半分は賛成
・・・畳には同意するって意味です

「朽ち果てて行く美」がなんとなく理解できるようになってきた
というか親しみを感じる

久しぶりにビーチを散歩
        逕サ蜒・+328_convert_20130123163214

夏場はサーフィン後、無料で使わせてもらえるシャワーも今はお休み
夏だったら盗撮で捕まるな
        逕サ蜒・+331_convert_20130123163338


福岡の糸島にあって、すごく いい感じ の女性オーナーがいる古民家カフェ
『RUSTICK BARN』
「自然に朽ち果てていく納屋」といった意味だそう
        P1020193_convert_20130123165147.jpg
形ある物 いつかは壊れる

要は「諸行無常」ってことだね

[ 2013/01/23 17:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

日記です

待望の初乗りができた

が、しかし、一本目で滑ってコケた

強烈な股裂き!

その後、巻かれてボードが

股間を直撃!

間髪入れず情け容赦のない股への波状攻撃!!!

で、萎えた

筋肉に力が入ってる時に太腿にも当たったらしく

たんこぶみたいに腫れてるし

今年の先行きを予見してないか?

水もいよいよ冷たく

ドルフィン三発で気を失いそう

結局、満足できるのは一本もなし

しかたないので

今年の厄を今日ですべて落としたと思うことにする

       P1030151_convert_20130122141014.jpg

[ 2013/01/22 14:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

二月病

高校時代の友人夫婦が遊びに来た
俺の周りでは希少な?仲のいい夫婦だ

「バレンタインデーには二月病にならんごとチョコレートやるけん。義理やけど」と
友人の嫁に笑われた

「へ?、二月病?」

二月病というのがあることを初めて知った
バレンタインデーに孤立感を味わうことによって発症することが多い五月病の一種らしい

経済主義に先導されたバレンタインデーごときでそんなバカなと
少し前までなら一笑に付していたに違いない



ここんとこチト寂しい感は否めない
やっとクリスマスをやり過ごしたと思ったら、またかよ

愛が欲しいとは言わないまでも、大切な人をもっていたいという気持ちは消えない
でも執着はしたくないし、もう誰かを不幸にするのも怖ろしい

いっそ愛なんて観念を捨てられればいいのにと思う
他にも愛の形は数々あれど、男女間の愛が一番切実だね


しかし、こんなサーフキャンプに行く機会があっても大切な人がいたらできないね
いつだって一緒にいたいと望むだろうから

一人じゃないと出来ない事もあるんだよ、と
慰めてくれる一月の暦
        P1030156_convert_20130121205941.jpg

[ 2013/01/21 21:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

記憶

谷川俊太郎のエッセイにこんな一行が
「結婚後、母は父に裏切られたことが何度かあったらしいが
 惚けてからのちもその記憶が母を苦しめた」とある

心の奥にしまいこんで自分でさえも忘れていた
いや、思い出すことを拒否していた事柄も
惚けて自分に正直になったらまた顔を出す

どんな想いで生きるか本当に大事だよな
惚けてからも苦しむなんてたまらんよ

なるべく人を傷つけないように生きて行かねば

「お前が言うな!」と俺に罵声を浴びせる権利のある人がこれを読んでいる可能性は
たぶんないので殊勲な事を書いておこう


スーパーで突然声をかけられ
「誰?このオバちゃん?」と思ったら小学校の同級生だった!
心の声が顔に出ていなかったことを祈る

もっとも、この動画を見て
「悪意のある編集じゃないか?」と思うくらいだから
自分は最初に出てくるオッチャンの立場で見てるよなー、当然ながら
後から出てくる若い衆との差がありすぎ!
            



[ 2013/01/20 18:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

日記です

昨日から何かと忙しかったり、気持ちが塞ぐ事があったりで

今朝の気分はブローティガンの言葉を借りて言えば

「俺の糞ったれ人生の最高に見事にハングリーな朝はフライドポテトのようにファックしてくれよ」

な目覚め・・

何とか体を起こして窓を開けて見たら

極上の日和じゃないか!

かすかな期待を抱いて波チェック・・・

「・・・・」

まあね、これくらいの北西風で上がるようなヤワな海ではございません

どちらにしても今日はやることが盛りだくさん

庭の赤い実の生る木にヒヨドリが数十羽も食べにくるのでフンが!

どこにでも落とすので水道のホースとブラシを持ってゴシゴシ

ウグイスはまだ「ホ―ホケキョ」とは鳴かずに「ピーピー」鳴いてる

梅の花が咲いて、かなり遅れて「ホ―ホケキョ」と鳴くのでまだまだ春は遠いな

日曜日は天気も良さそうだし時間も取れそうなのでSUPでも行くか

この歌いいね、結構好きだわ



[ 2013/01/18 18:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

真贋

俺は水戸黄門が嫌いです
なぜなら権威主義だから

健さんの任侠映画は好きでよく観にいってた
理不尽な目に遭っても我慢に我慢を重ねて最後に牙をむく

最後に悪者をやっつけるのは同じだけど切り札が違う

誰でも何かしらの切り札は持っているんだろうけど
それが突出した才能でもない限り、自分でも気付かないままの人も多いんじゃないかな?

たとえば「やさしさ」とか・・

最近、思わぬやさしさに触れてちょっとそんなことを考えてみた


数年前ものすごく話題になったスーザン・ボイルさん
もう何回見たか分からないオ―ディションのシーンだけど
見る度に鳥肌が立つ



おっとアップできないね
でも、この訳がすきなのでYou Tubeで
[ 2013/01/17 14:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

人生幸朗

さて、波がしばらくありません
大晦日以来波乗りしていない
サーファーの書いているブログや記事を読んでいると妬みの虫が頭をもたげる

なにが
「サーフィン最高」だ
「自然が相手なのでピュアな気持ちになる」だと?
「海をリスペクトしてる」だと?

ワックスで海を汚してるだろ!
ウェットスーツは石油で出来てるんだよ!
ビーチクリーンなんて、しょせんおためごかしの偽善的行為でしかない
海やビーチが好きで愛して心から自然を守ろうと思っている人は常にやってるよ
それにサーフィンなんて何の生産性もないただの遊びだろ

と、急にエセエコロジスト&経済至上主義者になってくる

何のスポーツでもそうやけど
自分がやってるのが特別だと思いたがる人が多いね

もっとも本来、人間の性質がそうなのかもしれない
住宅から服、言動に至るまで、他と自分は違うと思わせたがる
若者は老いる事を忘れて自己過信だし
老人は年を重ねた者の当然の権利のように傲慢だったり
何かで他との差別化をしていないとアイデンティティーを保てないのかね?

時にぼやきたくなるのもアイデンティティーの危機なのかなぁ?

そんな情けない我欲にかられた時はこの動画を見る
本気で国を憂いた先達に感謝です

やれ右とか左とかの思想の問題ではなく
自分以外の他者を思いやる気持ちは尊いなぁと改めて感じるのであります




[ 2013/01/16 13:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

やるねー女子・・ いや、婦人か?

連休を利用して長い付き合いである友人(女性)が雲仙に逗留していたので
久しぶりに楽しいひと時を過ごした
子育ても終わり結婚25年を迎えた40代後半の女性です

数年前にこの友人から恋愛相談を受けた時に書いた文

『本物の恋なんだろうね。
自分の体の組成までもグチャグチャになってしまうような!
でも所詮「私にはこの人しかいない」と思うのも妄想なんだよね。
快楽を追うのか、平和で穏やかな現在の生活を守るのか。
快楽を追った結果への覚悟があればいいけど
恋をすると、もれなく苦しみもついてくるよ。
これは不変の定理であります。
でも恋をしない人生なんて面白くも何ともない。
「幸福とは、静かな、あいまいな薄ぼんやりした状態で、波風のたたない淀んだ沼のようなものです。
いっぽう快楽とは、瞬間的に燃え上がり、おどろくべき熱度に達し、夢のようなものですが、それだけに人間を行動に駆り立てる美しさ力強さがあります」
と、ある本に書いてある
どっちを選ぶか分からんけど、どっちを選んでも後悔はすると思うよ
だから好きな方を選べばいいっちゃない!』と書いた

この時には元のさやに収まったけど、その後また別の人と恋をしているらしい!
「どっちを選んでも後悔はする」と言った俺の言葉なんかどこ吹く風
すごいね、女の人のバイタリティというか切り替えの見事さは

所詮、倫理観なんて他人が決めた物差しだからね

       P1020990_convert_20130115190324.jpg


[ 2013/01/15 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

臨場感

はい、もう7~8年は誰のコンサートにもライブにも行っていません

いかにインターネット時代とはいえ、この距離が詰まることはない

音楽は簡単にダウンロードできるしクオリテイ―の高い音で聴けたとしても

あの臨場感は味わえない

たまに親戚んちのJBLのスピーカーで聴くけどやっぱり生とは違う

こじんまりした箱でのアンプラグドなライブもいいし

大仰で笑っちゃうようなコンサートも好きです

ストレスが溜まっている時にはこんなのもいいかもね(笑)
テクノだわ~



[ 2013/01/14 12:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

オリンピックは・・・160年に1回?

SF小説で四季がそれぞれ5年だか10年だかの星が題材の話を読んだことがある
タイトルも作者も忘れた

寒い地域の人にとっては0~10°なんて大したことないんだろうけど
生まれてこのかた九州以外に住んだことないので寒さにめっぽう弱い

日本家屋は「家造りは夏を旨とすべし」で出来てるから夏は過ごしやすいが冬場はこたえる
おまけに建っている場所は風水的にはなかなかいいのだけれど
風の通り道で、おまけに俺の部屋は北東向き
土壁を触ると冷蔵庫の内部みたい

で、湯船に長時間浸かりながらその星のことを考えてみた
もし地球の四季が10年周期なら・・
家造りが根本的に変わる。
夏は徹底的に過ごしやすく、冬は熱が逃げない構造に
出産の時期が偏る
同じ季節が10年続くなら、やっぱり冬の終わりごろがいいかな
30代前半ならまだ長い冬に耐えられそうな気がする
人生で一番アクティブに動ける時代が春夏秋なんだから最高だね!
他にもなかなか面白いことになるかも?
などと妄想していたら長湯しすぎてフラフラになった

長い冬の夜は妄想か読書しかないよ
外は雨がシトシト降ってるし
まあ、星空でも行くトコないけどね。

衣替えも10年に一回でよし!
         P1020545_convert_20130113233834.jpg

[ 2013/01/13 23:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

スリムトレーナー

読む本がなかったので図書館にリクエストしたりとか
以前から読みたかったのがやっと文庫化したのでアマゾンで買ったりして
一気に未読のが増えた

アマゾンでついでにこれを購入
              41yvkI0m1EL__SL500_AA300_.jpg
この状態と
     31d1Hwp1LSL.jpg
この状態をくり返す
     31Holkj9DqL.jpg
慣れたらヒザをつかずにつま先で

とりあえず腹筋と腕立て伏せはやってるけど
この器具だけで見事に上半身をパンプアップした知人がいるので頑張ってみよう

1483円にしてはなかなか良いです

「細切れの持ち時間で体を鍛えよう」が今年のテーマであります

4月にちょっとした個人的なイベントがあるのでそれまでに4~5年前の体型に戻す!

[ 2013/01/13 00:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ラクダの一藁

海に入ると最初の10分は元気で次の20分はキツイ
その後は2時間くらいは普通に動ける
走ると最初の5分は元気で次の10分がかなり辛く
その後は30分くらい普通に走れる

心肺機能が状況に合わせて調整するのに時間がかかる
朝からNHKで心筋梗塞の特集やっていてあんなの見たらちょっと怖いけど
この一本が「ラクダの一藁」かもしれないと思いつつタバコを吸う

閑話休題

現在一般的な使われ方をしている「ポジティィブに」という言葉と考え方があまり好きではない
「くよくよしないで前を向いて行こうよ」的な・・
ただでさえ過去と未来にしか生きてなくて
「現在」なんて感じる事も難しいのに前ばかり向いていられない
あ、物理的な意味でね
たとえ音楽聴きながらメールを打っていても一瞬一瞬はどちらかに集中していて
まったく同時に集中するのは不可能なのと近い

最近何をやるにしてもスローで動くように心掛けてる
相手がいる場合はそうはいかないけど
たとえばコーヒーを飲む時に、手を伸ばしてカップを持ち、喉の奥に飲み下すまでできるだけゆっくりやる
カップの重みや唇に触れた時の感触に集中する

ペットを撫でる時も毛の一本や骨の形まで感じられるくらいゆっくり
人が見たら奇異に感じるくらいゆっくり

”いま”を感じる練習です

それが何の役に立たつんだと言われても分からないけど
”いま”を十全に感じる事はできる

       P1030127_convert_20130110010617.jpg

[ 2013/01/10 01:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

卑ですか・・・

読みたい本がない
老眼がすすんでメガネかけるようになって乱読しなくなった
面白くないと思ったら途中で投げ出したりするし

最近は仏教がらみのばかり読んでたから今はお腹いっぱい
かといって、犯人探しの推理小説の類は読まないし

「小説の面白さは『ボヴァリ―夫人』一冊に詰まっている」とうそぶいた?喝破?した
批評家だか誰だかがいたけど、どうでしょうかね?

社会的に高い立場の女性が自分より地位が低かったり野卑な男とそういう関係になる話は定番ですね
AVでも時折見かける設定だし  「AVかよ!」と、とりあえず自分でつっ込んでおく

どうも女の人って関係がそうなるには自分に言い訳できる理由が必要みたいだね
曰く、男が強引だったとか。曰く、酔ってたとか。果ては終電に遅れて仕方なかった?とか
すべての女性ではないかもしれないけど既婚とか彼氏持ちとかは特に
出逢って日の浅い場合もそうかもしれない
ばれた時のじゃなく、あくまで自分自身への言い訳ね

まあ、逢いたい時に逢えない、連絡したくてもできない、できるのは妄想ばかりなんて関係は
とことん燃え上がるね
『ロミオとジュリエット』も不倫ではないけど似たようなシチュエーションだし

個人的な意見としては、どんどん燃え上がればいいと思うね。一度しかない人生なんだから
よく不貞がばれて許すとか許さないとか言うけど
あれは許す許さないじゃなく「それで嫌いになる」か「それでも好き」のどちらかだね
「それでも好き」の方が圧倒的に多くて心の葛藤があるから小説のネタになりやすいんだろうけどさ
男女関係の機微とか心のあやは微妙だし面白いね

好きな本の一冊にカミュの『異邦人』がある
主人公が人殺しの動機を聞かれて「僕のせいじゃない。太陽が眩しかったせいだ」と答える
普通に考えればなんとも見苦しい言い訳にしか聞こえないけど
これはねぇ~、なんとなく分かる気がする
伏線もいろいろあって、うまく説明できないけど・・・
説明できないのかよ!

女性の場合は”自分自身”に実際的な言い訳が必要みたいだね
言い訳が必要な女性に、うまい言い訳を作ってあげるのも男の手練手管のひとつ
と聞いたことがあるなぁ

てか、なんか面白い本があったら教えて。

蛇足だけど
「一盗 二卑 三妾 四妻」って言葉があるね
不遜な言いぐさだね
でも四を夫にすれば女性にもあてはまるのかな?
女性には嫌われそうなブログだなこりゃ。
      20120325_2284841.jpg



[ 2013/01/08 18:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

善人は誰に対しても善人じゃない

昨年12月にオークションに出品してた品物が全部売れた
パドボ代どころか最近の買い物代をカバーして余るくらいで!

こんなことならヴィンテージのジーンズをもっと買い漁っておけばよかった
家具みたいに泣く泣く安値で売らなくても持っていられたのに
5年くらい前に一部売った時にもそこそこの値段だったけど
その後オークションも価格が下がっていたのであまり期待してなかったから万々歳です

今日はコ―イチ君ともう一人女性の3人でカキ小屋へ
福岡にいた時は毎年行ってたけど帰省してから初めて
美味しいのはいいけど、あんまり男が亜鉛を摂ると後がね
特に俺みたいな状況だとね・・困ります
        逕サ蜒・_convert_20130106234547
突然だけど、物事を善か悪とに決めつけるのは考えものです
世間の認識に合わせて断じている場合がほとんどだから

倫理や道徳はもちろん、法律に関することもそうです
そりゃあ犯罪者は悪い。でも当事者じゃない者があれこれ批判するのはおかしい
愛の形もそうだね

マスコミに扇動されてるケースも多い
ノリピー事件の時にテレビでマスコミ(世間)と対峙している姿を見て応援していた
別にファンとかじゃないけど
というのを思い出したので書いてみた

善か悪か
原発に関する論争は相変わらず行われているんだろうけど
露出が減ったような気がする
そこで再びこれをアップ
正直に言って最初に聴いたときとは自分の気持ちは若干違う


[ 2013/01/07 00:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

初乗り

モチが大好物な上に、今の時期は冷凍庫にふんだんにストックしているもので
三食の間に、のべつまくなしに食ってる
モチ肌になるのも遠くないはず

寂しい老後予備軍の友人が電話で
「オメェ―、それもうカタルシスだな」
「ん?カタルシス?モチが浄化してくれんのか?」
「バカ!壊滅的って意味だよ」
「それ違うだろ?カタルシスは精神の浄化って意味だろ。カタ・・カタ・・何て言うんやった?」
「だからカタルシスだよ」
PCの前に座っていたのでググった
「カタストロフィーだ!」
「何だそれ?片すトロフィーで過去の栄光のトロフィーを片づけるから精神の浄化か?」
「カタストロフィーが破滅って意味だよ」
「メンドクセ―な英語」
「お前が言いだしたんだろが」

おやじギャグも寒いけど気候も寒い!
やっぱり寒いのはホント嫌いなので常夏の国に移住したいわ
最近ではもっぱらこの友人と移住の話で盛り上がっております

閑話休題

今日は波がないのでルアーを流しながら海上散歩
海に入ろうとしたら、高校生くらいの男の子二人が「一緒に写真いいですか?」と
あれはなんだったんだろ? 後で気になった

       P1030085_convert_20130104203618.jpg

       
[ 2013/01/04 20:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

今年の目標 「力を抜く」

あけましておめでとうございます


天国とは、場所でも時間でもないらしい・・・

じゃあ何?

誰かと一緒にいようと、いなかろうと

生きていようと、生きてなかろうと

共に在ることを感じられることなんじゃないかな?

などと、年初から埒もない事を考えてボー―っとしております
    b1020804_convert_20130102120950.jpg
本年もよろしくお願いいたします

May God bless you!
[ 2013/01/02 10:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。