PageTop

ソウル・キッチン

日常のあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝夕は寒くなってきた

福岡、佐賀方面は波が上がっているようで、良かね!

前浜も明日上がればいいけどな

SUPが届いたはいいけど、キズありの不良交換の為まだ初乗りできず

現物を見てあまりのデカさに呆然

しかしサーフボードと思うからで、これはもうカヌーの領域

使い方も似たようなもんだしね

現在使用しているボードで最も短いのがこれ5,2(約157cm)
      逕サ蜒・+501_convert_20111119161835

それに対してSUPは11,4(約345cm)
デカイのなんのって!!

長さは倍以上、重量は6倍、値段は半分以下

波に乗っている動画を見ると、もう少し小さいサイズが良かったかなと思うけど

そもそも買った動機が波がないからだからな~

パドルサーフィンで普通のサーフィンではつかない上腕二頭筋に筋肉つけて

ムキムキでパキパキの身体になってピチピチ(擬音ってオモロイね)のタンクトップ着た、気持ち悪いジジイになってやる!

などと意気込んでおりますが、どうなる事やら


スポンサーサイト
[ 2012/10/31 17:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

デ、デカイ!

SUPが届いた
目の当たりにすると予想以上に大きい


俺には高校の同級生で現在東京住みの友人がいて、こいつがフーテンの寅さんみたいな奴
倉庫のどこにSUPを置くか考えてる時に電話をかけてきた

「何してんの?」
「ボード買ったらでかくて、どこに置くか考えてたとこ」
「何でもデカ過ぎるのは考えモンだぞー」
「まあ、な」
「なんたってお前、アメ玉は口の中でコロコロ転がして味わうもんだし、耳かきなんて、耳の穴いっぱいだと痒いとこに届かんだろう」
「・・・お前、いったい何の話してんの?」

こいつは学生時代から少々コンプレックスを持ってる奴でして・・

「ところでお前、彼女とかできた?」
「できるわけないやろ、ぜんぜんモテんし」
「うちの嫁の先輩に再婚相手探してる人がいるから紹介するよ」
「お前の嫁って、俺らと同級やん」
「そう、2年先輩らしい」
「てことは、還暦?」
「お前さー、歳の事なんか言える立場じゃねーだろ」
「そ、そりゃあそうやけど・・」
「だいたい、お前、昔から年上が好きじゃなかったか?」
「でも16の時と57の今じゃあぜんぜん違うだろうが!」
「お前の写真を見せたら結構気に入ってたみたいだったぞ。もっとも10代の頃のだけどな、ガハハ!」
「じゃあ、その人の写真も送ってくれよ、10代の頃のを。文通でもするから」
「俺は真面目に言ってんだぞ」
「俺だって真面目に言ってるけど」
「とにかく、12月に帰省するから詳細はその時な。ガチャ」

まったく、やれやれであります

       P1020301_convert_20121030164209.jpg
[ 2012/10/30 16:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

どこ見てる?

今日は小波だったけど入水

スネ~ヒザ? ロングでちょっと走って終了

波待ちはこんな感じ
w12915b045_convert_20121028171806.jpg
あ、これは拾いもの画像。前浜に女の人なんていないよ

こんな波待ちならセット間が長くてもいいな~


今夜、長崎市内でのパーティの誘いがあったけど断念

夜は家を空けづらいし、長崎市内はちと遠い

こうやってパーティとかの誘いも無くなっていくのかなぁ

「嘆きのブログ」ジャンルがあれば参加したいわ

[ 2012/10/28 17:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ポルコ

高校生の頃に観た映画の中に

「皮ジャンが似合わない男はオオカミではなく、すでに豚だ!」みたいなセリフがあって

なぜか単純にそれを信奉していた

寒くなったので10代の頃より愛用している皮ジャンを着てみたらジッパーが閉まらない

無理矢理閉めたら

『トムとジェリー』のトムが怒って二本足で歩く時とか、大きく息を吸った時みたいな・・

昔の女の人がメイド2~3人がかりで閉めたコルセットみたいな状態

皮ジャンが似合わなくなって久しいけどジッパーが閉まらないのは初めて

禁煙5カ月で5キロ増、再喫煙で4キロ減、1ヵ月以上ノ―サーフで4キロ増

もうこうなったら、大好きな『紅の豚』の 「飛ばねぇ豚はただの豚だ」 の心持だけは維持していこう

「飛べない」 じゃなく 「飛ばない」 ね

「寄る年波」を、受け入れ、消化し、折り合いをつけるのは男も結構大変です

女の人がシミやシワを気にするのも無理からぬ事ですな。

      DSCF2088_convert_20121027113826.jpg

[ 2012/10/27 11:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

神の取り分

今年は柿が豊作だ

うちの庭の柿の木にもたくさん生ったのであちこち配って周った

神の取り分として一個だけ木に残し


以前ウイスキーのCMで、大自然の中、作家の開高健がウィスキーを指につけ、雫をはじき飛ばし

「神の取り分」と呟いていたような・・


仏壇に供えた果物は傷みが早い

「仏さんが食べよらすとさ」と年寄りは言う

実際は線香の匂いとかが影響しているのかもしれないが

傷んでいると何となく安心して新しい果物を供える


開高健は、たとえリリースしたとしても釣りあげた魚を痛めることに罪悪感をもっていた

それでも釣りをやめることはできなかった

供え物の果物が傷んでいてホッとするのは

亡くなった父親に親孝行ができなかった贖罪の気持ちがあるからかなー?

      逕サ蜒・+210_convert_20121025121017
[ 2012/10/25 12:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

年寄りの冷や水

「好事魔多し」

と言っても別にいい事が続いていた訳じゃないけどさ

「INDO BOARD]でロングボードのハングテンみたいに片側に両足揃えて立つ練習をしていてスッテンコロリと転倒

上腕部と腰を強打

常々、転倒しそうになっても手はつくまいと決めていたのが幸いして打撲だけで済んだ

手をつくと骨折の可能性大だからね

それにしても、ほんの数年前までは100名規模のゴルフコンペでドラコンも取れたりしていたので

持久力はまだしも、瞬発力と運動神経は衰えてないと自負していたのに・・・

これを「年寄りの冷や水」と言うんでしょうなー 世間では。



[ 2012/10/24 11:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

とても幸せです

北西が吹いていたので念のため波チェック

・・・・・?!!

波、あるやん!!!

コシハラ、セットはムネのダンパー

小雨が降ってて風は少しあったけどなにせ1ヵ月半ぶり

しばらくしたら雨もやみ、風もぴたりと止んで面ツル、お天道様も射してきた!

♪絵にも描けない美しさ ではなく、カメラ撮るヒマない喜ばしさ で NO PHOTO

海を見た瞬間から俺の頭の中でタイやヒラメが舞い踊っていたよ

しかし、5~6本乗ったらやっぱりというか、喫煙のせいでゼ~ゼ~ハ~ハ~

あたり前田のクラッカー(←知らんよね)

おまけに昨夜から尻が痛い

穴じゃないよ、筋肉。

思い当たるふしはあるが・・・

それでもねー、やっぱり楽しい~

お昼くらいには、だんだん潮が多くなって終了

3mmのジャーフルで入ったけど海水温はまだ暖かくてロンスプでちょうどいいかも

幸せだわ~~!

[ 2012/10/23 13:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

古女房

衣替えを機に断捨離とやらを決行中

断捨離はヨガからきた言葉らしいね

ものすごーく曖昧でいい加減な記憶だけど

ヨガには元々つなぎ止めるという意味があるらしい

牛とかをね

すぐにあちこちに行ったりする心を一点につなぎ止める手法がヨガ

たしかパンクにもつなぐというような意味がなかったかな?

既存の概念を一度引き裂き、ピンでつなぐ

それで象徴の一つとして、でっかい安全ピンを服に刺したりするんじゃなかったかな?

ものすごく見当違いに間違ってるかも?

閑話休題

10年くらい前に大人買いした(俺にとっては安くなかった)スウェット
       P1020974_convert_20121020102109.jpg
3着とも現役

襟が擦り切れたりしてるけど手放せない

この10年の間に他に何枚もスウェットを買ったと思うけど

そのどれよりも ♪ヘビーィローォテーェショ~ン
(いつの間にかipodに入ってて思わず口ずさんでしまう 笑)

今回の断捨離でも残した

古女房とはこのように着心地が良くて手放せないものなんだろうな~

古女房って褒め言葉だよね?

亭主を指す同じ意味の言葉はなんだろう??
[ 2012/10/20 17:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(20)

浮力

衣替えを機会にそこそこのブランドのアウターや

後生大事にしてたビンテージのジーンズを数本(もう今後サイズが自分に合う事はないだろう)

それにサーフボード2本をオークションに出品し

それを費用の一部にあてるつもりでSUPを物色している


初めてなので浮力の具合が分からずなかなか決められない

波乗り中心だとあんまりデカイのはノ―グッドだし

フィッシングやクルーズだとオーバーフロー気味でいいと思うんだけど

それにもし女の子とタンデムする機会があったら絶対大きい方がいいしなー

でも女の子を「海にクルーズしに行かない?」と誘ったら、きっと立派なクルーザーだと思うだろうな

デッキに寝そべってカクテルなんかを飲んじゃうみたいなさ

「今日は日本料理をごちそうするよ」と誘って高級料亭なんかを想像させ

いきなり『うどん屋』につれて行くような・・

こんな波があればいいけどね

[ 2012/10/19 15:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

1年です

ブログ1年です

周りの環境は定点観測していたとしてもまったく動いていないんじゃないかと思われ・・

しかし自分自身の心持は若干違うし、やはり身体は1年歳をとってる訳で

でもまあ、それはそれで対処していかなくては、とあれこれ思案中

友人にヒントをもらったので

サーファー改めサッパー(造語?)になろうかと・・

前々から思案はしていたけど、今一つ思い切れなかった新しい事を始めるつもりであります

只今ギアをあれこれ検討中


ブログは自分を振り返るのにはホント役に立ちます

読み返すと赤面してしまう事も多々ありますが

読んで下さった、おヒマで物好きで酔狂な方々(失礼)には深くお礼申し上げます

年甲斐もなく感情的だったり、愚痴だったり、下品だったり、エロかったりと

まったくもって品位のかけらもないブログですが

これからもボチボチ続けていこうかと考えておりますので

ヒマつぶしにでも読んでいただけるなら無上の喜びであります。

P1020820_convert_20121018004215.jpg
お辞儀のつもり

[ 2012/10/18 01:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

無題です

ここ数日、太平洋側の波の情報や写真は見ないようにしている

そりゃあもう素晴らしい波が来ているみたいだね

サーフィンを賛美するセリフも飽き飽きですわ

曰く「サーフィンは人生を変える」

曰く「サーファーでよかった!」

曰く「もう今死んでもいい位の気持ちになる」

だったら今死ねば?

こっちにはそんな波はないから今は死にたくないし


インドの修行者には恵まれた生まれの人も多いらしい

それでも修行の為に長い旅に出る

親や嫁や子供も捨てて

ブッダもそうだね

自分が本当に目指す事の為には、鬼と言われようと人でなしと呼ばれようと一向に気にしない

凡人がよく「万難を排して」なんていうけど、ただの言葉のあやだね

そう簡単に万難を排することはできない

羨望、嫉妬、妬み、嫉み、あらゆるネガテイブな感情を山歩きで発散してくるかな

      P1020565_convert_20121016125349.jpg
[ 2012/10/16 13:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

事実と現実は違う

続編が作られる映画は結局一作目が一番面白いというのが定説です

中でも『ジョーズ』と『エルム街の悪夢』は一作目が強烈だった

しばらくは『ジョーズ』を観てプールでも怖いという人もいたらしい


幻想や夢であっても当人にとって、その時点では現実です

事実とは違うと一笑に付すのは簡単だけど

当人はその現実を生きている訳です

当人以外は常識的な判断でその人の現実の話に耳を貸さない

「幽霊の正体見たり枯尾花」も枯尾花と判明するまでは幽霊な訳で・・

身体的なコンプレックスも他人は何とも思ってなくとも

当人はそのコンプレックスを現実として持って生きてる

妄言、妄想なのか?

時々、『エルム街の悪夢』の

「そんなはずないでしょ」と、とり合ってくれない愚かな人と自分は同じなんじゃなかろうかと懐疑的になる時がある

事実はどうあっても生きている現実は人それぞれ違うんだよなー。

      P1020835_convert_20121015130454.jpg

これは勿論エルム街ではなく、家の前の道です(笑)
[ 2012/10/15 13:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

宇宙とのインターフェイスは土?

寺山修司が「(若者よ)書を捨てよ町へ出よう」と書いてから45年

今ならさしずめ「(子供達よ)ゲームを捨てよ自然へ出よう」かな?

しかしゲームの罪を言われ始めて久しいけど

今の若者はしっかりしてるし自分をもってる子が多いよ

何にでも功罪があるから一方的に悪とは決めつけられないね

土いじりしながらも宇宙と交信してるんじゃないの?と感じた一枚
    2007_082610091_convert_20121012155618.jpg



[ 2012/10/12 16:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

今日の夕暮れ

とてもきれいでした

P1020853_convert_20121009201833.jpg

カメラってどうすれば上手くなるの?
誰か指導してくれ!

実際はこれの10倍はきれいだったよ
[ 2012/10/09 20:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

Midnight in my soul

一日の終わり
部屋を暗くして聴く最高なアルバム

至福の時

他者の存在を必要としない愉悦

これは精神的な享楽なのか

それとも肉体的なものなのか

しかし俗人は牡蠣やシャンパン、友人、女、ゲームの悦楽も欲しがる

やがて倦むことは明白なのに

あっても退屈、なくても退屈

衣食住やその他の肉体的欲望を満たすために人生の大半を費やしたような気がする

精神的欲望も他者が介在しての充足だし

人間の”認められたい欲”は根深いし罪深い

精神的高みにある人は理想をかなえるのに現実は必要ないという

遠き道のりだなぁ
      P1020841_convert_20121008113139.jpg
下の本は大人向けの絵本で男が自戒するのに最適

女の人の揺れ動く気持ちがすごく上手く表現されている

お薦めです

ある女性からお別れのプレゼントとして頂いた
[ 2012/10/08 15:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

浮き桟橋に

口之津港は先月の22日に開港450年を迎えた歴史のある港で

「からゆきさん」が渡っていった事でも有名

フェリーが天草の鬼池まで巡航している

小学生の頃、家のタンスの抽斗からお金をくすねてフェリーに乗ったことがある

天草に着いてみると口之津と変わらない港町が広がっていて拍子抜けし

すぐ帰りのフェリーに乗った

帰りのフェリーから、近づいてきた桟橋に、ぽつんと母親が立っているのが見えた

今のような立派なのじゃなく当時は浮き桟橋だった

家に戻った後

フェリーに乗って天草に行ったことには触れず

お金をくすねた行為だけをこっぴどく叱られた記憶がある

それにしても、どうして俺がフェリーに乗ったのが分かったのか

母親に訊ねる機会がないまま今に至ってしまった

フェリーのキップ売り場の人も子供一人にどうして売ったんだろ?

自転車で隣町まで行くのも冒険だった年頃

フェリーがどんな場所に行くのか知りたくて母親にさかんに訊ねていた覚えがあるので

それで分かったのかな

今にして思えば、子供が一人でフェリーに乗ったのを知って心配だっただろうな

どんな気持ちで待っていたのか?

今は母親が何かを始めると、それが終わるまで心配で俺が待っている

すっかり逆転してしまった

   逕サ蜒・+378_convert_20121005175843
[ 2012/10/05 18:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

たまゆら

ふとした時に言う

「私ちょっと変ねぇ」

これを聞く瞬間は切ない

意識のはざま

その時、その瞬間だけで生きた方が

本人にとって幸せなんだろうが

時に訪れるたまゆら

どんな音を聞いているんだろう

P1000439_convert_20121004133738.jpg

[ 2012/10/04 13:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。